美しいモノを見たら迷わず買え

美しいモノを見たら迷わず買え

皆様、こんばんは。
早いもので、今年も梅雨の時期になりましたね。
今年ももう少しで折り返し。夏風邪などこじらせぬよう頑張って参りましょう!

さてさて、久々の浪費で手に入れたモノをご紹介したいと思います。

シマジ教徒として、日頃から美しいモノを発見するためアンテナを張っているのですが、最近はクラウドファンディングサイトで面白いモノを見つけるのにハマっています。

そして、見つけたのがコチラ!


KARL-LEIMONのClassic Pioneer Blue
メイドインジャパンの腕時計でございます。
もともと、時計が好きなこともあり、ビビッと来ました!

一般的にムーンフェイズ機能を備えた時計はなかなか手を出せない代物(価格的な意味で)なのですが、この時計の製作者の方がその現状に疑問を持ち、じゃあ自分たちで創っちゃえとなってできたもののようです。

3月に注文していたものが、先日やっと届きました!

美しい・・・

が、しかし、見たことのないバンドの形状・・・



どうやら、Dバックルという機構である模様。

そして、ピンを穴に通さなければいけないのですが、どうやって外せばいいのか分からず、ネットで調べるも似てるようで異なるタイプの作りばかり・・・
金具のつなぎ目のピンを外してから再度つけ直す。というような情報もあったのですが、外れず・・・。

結果として・・・


反対側に引くだけー♪
押してダメなら、引いてみろということですね(笑)

そして、長さを調整して、ピンを穴に通します。

これにより、毎度バンドを調整しなくてよくなるうえに、毎度バンドを引っ張ってピンを穴に通したり、外したりする必要がなくなるため、バンドへの負荷もなくなります。優れた機構ですね。

そして、装着!

夏の季節にぴったりな爽やかブルーで涼しげではないでしょうか。

シマジ師匠には遠く及びませんが、私もシマジ教徒の端くれとして、今後とも物欲レーダービンビンで参りたいと思います。

それでは、今日はこの辺で!

※2020年3月23日追記

時間を設定している時に、誤って月を進めてしまいました(リューズだけ回して)
正式な設定の方法が分からず困っていたのですが、取り扱い説明書を見つけたので載せておきます。(これまた同梱されていた紙媒体のものは捨ててしまったため(笑))

karlleimonwatches.com
https://karlleimonwatches.com/wp-content/uploads/2018/11/KARL-LEIMON_How-to-u...
https://karlleimonwatches.com/wp-content/uploads/2018/11/KARL-LEIMON_How-to-use_.pdf

ちなみに月の設定はリューズの上にある小さな凹み(月調整ボタン)を強く押して、正しい月に合わせればOKです。

なお、月設定、日設定について設定タイミングについての留意事項があるのでご注意ください!

月設定:26日~31日の間に設定を行うと正常設定できない恐れあり。
日設定:PM9:00~AM0:30の間に設定を行うと翌日に正しく変更されない恐れあり。