人生の真夏日を迎えるために

人生の真夏日を迎えるために

皆様、こんにちは。
ゴールデンウィークを直前に控えてはいるものの、コロナウイルスの影響で依然として自粛ムードの今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

さてさて、本日は私事ではあるのですが、少々雑談をと思いブログを書いております。

さっそくではございますが・・・

本日2020年4月28日(火)を以て、丸6年間お世話になった会社を退社することとなりました!

それで、次は何をするかと申しますと・・・

個人事業主として、起業いたします!

なぜか・・・?

これについては単純に前々から自分で何かをしたいという気持ちはあったのですが、就職してから何となく日々を過ごしている生活とそれを捨てて一歩踏み出すことへの葛藤が常にあり、その閾値が後者に振れたからです。

踏み出すきっかけは・・・?

やはり、東京で色々な人に出会ったことが私にとっては大きかったと思います。特にサロン・ド・シマジへ来られる方々はキラキラしている人が多く、この面々に並んでいても遜色のない自分でありたいと思ったこと。また、そのことと現状の自分を見たときに、今のままでは理想の自分にはなり得ないし、人生を振り返ったときに何も残らないのではないかという恐怖(何かに熱狂することもなく人生を終わること)が一気にこみ上げてきたことが一番の要因です。
また、時期を同じくして御年79歳になられるシマジさんが新生サロン・ド・シマジを始められるということもあり、これは負けてはおれぬ!という気持ちが後押ししたのも大きかったです(笑)

具体的に何を始めるのか・・・?

正直、コレがしたい!というものはありませんでした(笑)
しかし、誰でもできることでは面白くないなということもあり、かつ、やっていて嫌ではないことをしようと思った結果・・・

予防医学や健康管理をコンセプトとするシャクリー・グローバル・グループの独立代理店をすることに決めました。

会社はコチラ

え?なぜ?(笑)と思われる方もいらっしゃるでしょう。
確かに今までやっていたのはシステムエンジニアであり、全くの畑違いの業界であるのは重々承知です。

しかし、前述の条件と自分なりにメリット・デメリットを加味した上で始めること決めました。

まず、仕事として選んだ要因としては祖母の存在があります。
生前、まだ食べることができていたときには、製品を愛用しており、病院の検査結果の数値もさることながら、良さを体感してもらえていたこと。伝えたことを喜んでもらえたことがあります。
これは、誰でもできるけど、誰にでもはできない(自分でないとだめ)ということもあり、やってみようという要因のひとつになりました。

つぎに、将来性です。
特に今の時期であれば、コロナウイルスの流行がありますが、今後はこういった新型のウイルスとの共生を考えなくてはいけない時代になる気がします。
そうなると、特効薬またはワクチンができるまでは自己免疫機能を上げて耐えるしかなくなります。病気にならない体作りをするという予防医学の考え方が今後ますます重要になってくると思っています。
iPS細胞をはじめ再生医療の発達によって、「悪くなった」ものへの対処はできるようになるかもしれませんが、健康であり続けるという点においての必要性は増すと期待しています。

最後にデメリットです(笑)
これについては、市販のものではないので、とにかく知名度が低いこと。
製品としてはアステラス製薬(旧山之内製薬)との共同開発をはじめ、臨床試験はスタンフォード大学やトロント大学、NASAで行われているという折り紙付きのものです。あとは、インターネットが普及したこのご時世に直接取引(一応オンラインもありますが)がメインというところでしょうか(笑)しかし、逆に言うと昔ながらのアナログがよいという需要はなくならないと思うので取りようによってはメリットかと思います。

と、まあ、そんなこんなでゼロからスタートすることに相成りました。
温かく見守っていただけると幸いです。ご贔屓、ご鞭撻の程よろしくお願い致します。

今日はこの辺で!

※タイトルにある「人生の真夏日」について
ベトナムでは35歳の人のことを人生の真夏日(バメラム)と呼ぶそうです。
それは、人生で最も心身ともに充実している時期であるということから来ており、私もその時期を迎えれるようにとの願いを込めてタイトルとしました(笑)